個を尊重した教育の必要性

サラリーマンでも出勤してから「おはようございます」と挨拶をして、その後は誰とも話すことなくもくもくと仕事をしている人がいます。

コミュニケーションの教育が必要

個を尊重した教育の必要性 サラリーマンでも出勤してから「おはようございます」と挨拶をして、その後は誰とも話すことなくもくもくと仕事をしている人がいます。もちろん仕事ですから黙々と仕事をすることは悪いことではありませんが、誰ともコミュニケーションをとらずに仕事をするということは、将来的にも良くないことです。現在の若い人はコミュニケーション不足だといわれていますし、またそれ以上に下手だともいわれています。

そして、学校教育においてコミュニケーションをとるということは、学問ということではなく集団生活において自然と身につけていくことです。しかし、インターネット社会となり自分の好きな人とか気の合う人としか付き合いがないということでは、コミュニケーション能力が高くなりません。相手のことを理解することができない人間になっていく可能性があるので、やはり人間として周りの人に興味を持ってコミュニケーションをとっていくことが大切になるといえます。

Copyright (C)2019個を尊重した教育の必要性.All rights reserved.