個を尊重した教育の必要性

人としての学びは、子供のころから影響もしますが、大人は社会に出ても学び、教育を受けます。

人としての学びの教育

個を尊重した教育の必要性 人としての学びは、子供のころから影響もしますが、大人は社会に出ても学び、教育を受けます。新人教育もその1つでもあります。ただ、人としての学びとなれば、社会にもまれていないとやや我儘になりがちです。自分で教室を開いているというと、自分よがりになってしまうために我慢ができなくなるといったケースもあります。

人はすべてにおいては学びであり、人生を終えるまでが修行と言われています。多くのことを学び、人として成長することで心の成長ができるようになります。子供の場合は、小さいうちから教育をさせることで人としての人格ができてきます。何も勉強ばかりではありません。人とのコミュニケーションや、人との調和を図ることも学びになります。

学ぶことはいろんな世界にあり、たとえ家にこもっていたとしても考える時間があるわけですから、どう自分をこれから表現していけばいいのかを考えます。すべてのことに意味があると考えれば、自分の成長も大きくしていくでしょう。

■注目の情報

Copyright (C)2019個を尊重した教育の必要性.All rights reserved.